アクセスカウンター それでも明日はやってくる Introduction
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Ne-yo『In My Own Words』
538.jpg



今日は蒸して暑かった・・・
しかし、今日のお手伝いは中で会計だったので、よかった☆
無事に済みましたよ~。。




今日は、久々にアルバムの推薦。
Ne-yoの『In My Own Words』です。


現時点では、上半期最高と言ってもいいR&Bアルバム。

このアルバムにも収録されている「So Sick」をとある番組で聴いて、
NE-YOに興味を持ち、このアルバムを買ってみたわけだけど。

カラダが自然に動き出す、
自然と嬉しい気分になる、そんな曲が満載。

最近は若いR&Bシンガーも多く出てるけど、
(Chris Brownなんて典型かもね)
彼は、25歳か27歳か(?覚えてない・・・笑)と決して若くはない。
完成されている感じの曲が多いのはそのせい?

特にお薦めな曲は、
①「Stay」
③「So Sick」
④「When You're Mad」
⑩「Sexy Love」
の4曲。

「Stay」はpeedi peediとフューチャーした曲だけど、
収録曲の中では有名かな?

初回で買ったときは、実に1,980円と
このアルバムの質にしては物凄い安かったのだけど、
今はどうなんだろうか?

いずれにせよ、聴いてみて!!
スポンサーサイト
2006/05/29 23:29 | Introduction | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
あなたのお値段鑑定します
年末スペシャル、ということで1個付け加えします。
「あなたのお値段鑑定します」
お暇がある方はぜひやってみて下さい。↓

http://hirakuna.jp/nedan/


肝心なオイラの結果ですが・・・
続きを読む
2005/12/31 12:41 | Introduction | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
推薦~Ozomatli 「Street Signs」~
Ozomatli 「Street Signs」


名探偵、エリンギきのこは、こんな、珍事件に襲われて、いた・・・!


エ「おいおい、オイ、どうしたんだよぅ~」

A「あ、あの~なんか不思議で・・・家の鍵があるのに、
 鍵が開かないんですけど・・・」

エ「はっはぁ~、鍵があるのに鍵が開かない・・・」

A「そうなんです、助けてください」

エ「ん~ちょっと待っててね。・・・電話するから」

A「電話・・・?!」


エ「カギの110番にね」


A「カギの110番って・・・」

エ「おじさんだってさぁ、探偵だから。よくテレビとかであるじゃん、
 針金とかでガチャガチャって開けるの」

A「ええ、はいはい」

エ「あれ、違反だから」

A「違反(苦笑)」

エ「なんか嫌じゃん、やってる間に誰かに見られて『ドロボー』言われたら
 反論できないし」

A「あー、まぁそうですね じゃあ電話してくれるんですか」

「電話、代くれる??」

A「えええ? いや、まぁ僕の携帯貸しますから、使ってください」

エ「どうもどうも、じゃあちょっとその前に女の子に電話を・・・」

A「だー、ダメですダメです」

エ「ダメかぁ」

A「当たり前ですよ・・ってか鍵が開かなくて困ってるんですから、
 早く呼んでくださいよ」




長いコントが後ろで続いていますが、今日の本題。
またも年末に2つのアルバムを買いましたが、今日はまず1つをご紹介。
Ozomatliの「Street Signs」です。
続きを読む
2005/12/27 00:28 | Introduction | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
聴いてみて!~「all that i am」Santana~
Santana 「all that i am」


はい!今回のきゅうお薦め曲です。

Santanaおじさんのレイテスト・アルバム「all that i am」です。

買うときは、正直いって、
Ozomatliの「Street Signs」やIncognitoの「Eleven」と迷ったけど、
(全然ジャンル違うじゃん!っていうツッコミはなしで・・・)
これを購入。


>グラミー賞9部門を制覇して「奇跡のアルバム」と称されたシリーズ第1
>弾作品の『Supernatural』、そしてそれを超えるスケールで制作された
>第2作目『Shaman』は全世界で3,000万枚のセールスを記録。そして2005
>年、デビュー30年目を迎えたサンタナが再び破格のスケールで繰り広げ
>るコラボレーション・アルバム・シリーズ第3弾!


(以上、HMVのアルバム・レビューより~)


そう、今回もミシェル・ブランチやスティーブン・タイラー、ショーン・ポールやメアリー・J・ブライジなど
グレイト・アーティストたちとのコラボレーションを存分に楽しんでおります!
オイラは1、2作は買ったことが無いので比較のしようがないけども、
この作品は、純粋に楽しくなる楽曲が多い!
コラボで演奏している姿を想像しながら聴くと、なおいいし、
それが普通に目の前に想像できそうな、不思議な感じもするアルバムです。

3曲目の「I'm Feeling You」、6曲目の「I Am Somebody」、
10曲目の「Cry Baby Cry」が特に個人的なお薦めです。

聴いてみてはいかがでしょうか?

また、聴いた方は感想など聞かせて下さい!


しかし、サンタナのギターは、本当に素晴らしいというか・・・
2005/11/23 19:04 | Introduction | コメント(2) | Trackback(2) | pagetop↑
お薦め曲 ~CRAIG DAVID~
CRAIG DAVID


いやはや、昨日は夜に都心に向かっている途中、
オイラが乗っていた快速特急が人身事故起こして止まっちゃうし、
今日は夕方に地震だし。。

しかも2日とも雨だし。。
なんだかねぇ、この休日は・・・。

人身は怖い。
電車が人に乗り上げる瞬間が普通に分かった。
時速120キロ近いスピードでぶつかってるんだから、
即死どころか●●●●なはずなのに、

「負傷者を救出しますので暫くお待ちください」

・・・まぁ、でもまさか「処理しますので」とは言えないよなぁ。。
しょうがないんだよね。。現場は本当に大変。。



・・・おっと、前置きが長くなってしまった(汗)
今日は久々に曲の紹介デス。
続きを読む
2005/10/16 23:42 | Introduction | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。