アクセスカウンター それでも明日はやってくる 富士山登頂!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
富士山登頂!!
26日~27日に行ってきました、富士山。
無事に帰って来れました!!


前日、宴席が午前1時まで続き、家に着いたのが2時過ぎとなる過酷な状況でしたが、睡眠時間4時間近くながら、無事酒を残すことなく予定時刻に起床できました。


大学時代の仲間5人と、「男だらけの登山隊(仮称)」を組み、
富士吉田口の五合目からいざチャレンジ。
この時点で天候は晴れ。時刻は15時くらいかな?

順調に六合目まで登っていったあたりで、ふと気付く。
富士山って、本当に登る人が多い!!
しかも年代も多彩で、まさに老若男女こぞって、という感じ。
若い女性が多いのには驚いた!かつ、
仲間とも話したけど、結構きれいなお姉さんが多くてびっくり!笑

当然ながら(?)、「男だらけの登山隊」は大興奮。
すばらしいペースで七合目まで登りきってしまう。
が、その行為が自分達の首を絞めることに繋がることを、
ギリギリのところで気付き、ゆっくり登ることを確認。
(そうしなければ、本気でだめになってたね…)

七合目を超えたあたりから、しんどい岩場が始まった。
もうすでに渋滞気味。だが、それがゆっくりのペースを作り、
疲労をそれほど気にせずに登ることができた。ありがたや。
ここらになると、岩場を這い上がる形になってくるので、
いよいよ本格的な登山をしている気分が盛り上がる。
ここらから、かなり気圧の影響を受け始める人が出始める。
仲間も携帯酸素で酸素を取り込み始める。
自分は水泳をやり続けてるせいか、あまり気にならなかった。


ここでカップラーメンを買ってきた。
5人で3つ、どこにでも売ってるカップラーメン。

「こんなに美味かったっけ??」

そう口を揃えてしまうくらいの美味さだ!!
夢中で食べた後の俺たち登山隊の顔は、きっと本当に満足げな表情を浮かべていたに違いないと思う。


だが、八合目を超えるとさすがに疲れてきた。
日も落ちてきて、一気に寒さが増す。
それでも19時半には山小屋到着。嬉しかったなぁ。
しかーし、喜んだのは束の間、山小屋の人から恐るべき言葉が。。

「2人分の布団ですが、5人で寝てもらえますか」

「・・・な、なにー!」

と思いつつも、他の登山者も同じ状況なので文句も言えず。
寝返りも打てないような狭さだから、深い眠りにもつけない。
寝た20時半から、起きた0時半まで、何度途中で起きただろう?

そして、夜1時前には小屋を出発、山頂を目指すも、
いやーな状況が俺らを襲う。

雨。。。

気温が5度以下という状況にあって、冷たい雨はますます体感温度を下げ、登山隊の体力を奪っていった。
仲間が脱落しそうになる。

「大丈夫?きついか?」

「・・・いや、体力はあるんだけど、根性がない」

笑ってしまった。
大丈夫、休憩を頻繁に取りつつ、頂上を目指そう。
時間はまだまだある。

山頂に近づくにつれ、登山者の渋滞はますます激しい。
動かないと、寒さをすごく感じる。一番きついときかも。
励ましあいながら、なんとか山頂に着いたのが4時過ぎ。

歓喜。同時に雨も止んだ。

温かいものを飲んだり食べたりしつつ、ご来光を待つ。
5時前、空が明るくなってきて歓喜の声が沸きかけたが、
結局それまで。


そう、天候不順のせい(霧)で、ご来光が見えなかった(涙


がっかりはしたけど、気持ちを即切り替えて下山。
俺としてはこっちのほうが辛かったなぁ。

というのも、5時半前に降り始めて9時に降り切るまで、
ずーーーっと同じ単調な道。
ひたすら急な土の坂をジグザグに降りてくるだけ。
しかも、足場が悪いせいか、ふくらはぎと足首にモロにくる。
最後はヘロヘロだったよ・・・

でもでも、すっごく綺麗な雲海が見れて!!!
これを見たときは、疲れを忘れて感動したなぁー。


とにかくキツイ、キツイ登山だった。。
これがもっと悪天候だったら・・・と思うとね。
もう1度登りたいかって聞かれたら・・・?
「いいや」と答えます(笑

でも、本当にいい経験になった!
「男だらけの登山隊」はひときわ大きくなりました。
絆も間違いなく深まった!


うん、一生の思い出です。。
スポンサーサイト
2006/08/30 23:25 | たび | コメント(8) | Trackback(0) | pagetop↑
<<まだまだ若いかな | ホーム | 北海道大好き♪>>
コメント
夏場の方が装備も少なくていいのかな?
でも2人分の布団で5人は…寝れないねぇ
富士山の駅伝この前見たよ
本当狭い道のとこあるんだね

あーでも一生の思い出なんていいなぁ

いつか自力で登ってみたいなと読んでて思ったよ!
ユイ * URL [編集]2006/08/31 01:54
すごーーーぃ!
富士山なんて登ったことない!
アクティブな土日を過ごしたのね♪
私の地元は山ばかり。赤城に榛名に妙技に...。
大変そうだけどメンタル面とか確実に成長しそうだね!
楽しそう~♪
あれ?登りきると記念になにかもらえるんじゃなかったけ?
にしても...筋肉痛に苦しんでたりして(笑)
あっこ * URL [編集]2006/08/31 12:53
お疲れ!
きゅう君は、相変わらず行動マンだな(笑)
富士山はまだ登った事がないんだよ!
いつか僕も登りたいんだな~
RYU * URL [編集]2006/09/01 00:18
二回くらい登った事があります。
親が山が好きなんでw


二回目は辛かったな~高山病にかかっちゃって、薬飲んでも治らないし、(高山病だかにいい薬があるとかないとかで親に分けてもらったんだけど寝てもよくならず・・)
私を置いてご来光を拝みにいったんだけど、それでもどうしても登りたくなってヘッドライトつけて孤独で辛かった。。あまりに暗いから人からはぐれると迷子になりそうで怖かったよでもでも頑張って登りきったよ。頂上で親と妹がいたときは具合悪いながら、嬉しかったよ。

8月とはいっても、富士山は寒いよね。。
天気よくても日陰や風があったりするとすぐに冷えるし体力奪われるよね!

でもでも、登頂お疲れ様でした!!
つらいけど、日本一高い山に登りきったんだもんね!^^

山小屋はショッキングだよね!私も驚いたもん(笑)
いろんな意味でいい経験になったね☆

komoko * URL [編集]2006/09/01 11:40
『ドキッ、男だらけの水泳大会!』かと思っちゃいましたよ(笑)。
でも、ホントその感覚は本人達でしか
味わえないでしょうね。
青春時代を彷彿させ、
かけがえのない仲間と
かけがえのない時間を分かち合う。
ぼくも『男だらけの登山隊』
入隊したいですね~
えいりん * URL [編集]2006/09/01 12:02
>ユイさん
冬場は閉山してて、素人は登山禁止だよ★
あの詰め込み具合はホントありえない!!
体のあちこちが痛くなったよ。。
人生でのチャレンジとしてはお薦めかも!
気が向いたらぜひ登ってみて!!


>あっこさん
そっちは山、本当に多いもんね~☆
妙技ってなんだ?と思ったら、妙義ね。。(笑
仲間で登る分には、振り返れば笑える出来事もたくさんあったりで、いい思い出になると思うよ~
登頂記念とか、特にないなぁ。
(焼印を押してもらえるけど、有料だし笑)
筋肉痛は意外にひどくなかった!
(俺はまだ若いよ?笑)


>RYUさん
仕事もこれくらい行動力を利かせられるといいんですけど、
この差は一体なんなんでしょうか(笑
富士山は、体力あるうちに登ったほうがいいかも?
(ご老人も沢山いますけどね…)
ぜひぜひ登ってみてくださいよ☆
きゅう * URL [編集]2006/09/02 15:12
>komokoさん
2回もあるの?!すごい!!
親の方が好きだと、確かに行く機会は多そうですね~
親子連れも、結構見かけましたし。

夜の富士山は特に、孤独になると辛そう。
でも頑張ったんですね、偉いっ!!
(俺、偉そう。。笑)

しんどいはしんどかったけど、
ハプニングとか多少あるほうが、
余計にインパクトとして思い出に残るから
いいかなぁ~なんて思ったり(笑
その瞬間は、このヤロー!なんて思ってるけど。。
調子良いよね(笑
うん、いい経験です!!


>えいりんさん
入隊しますか??(笑
今度はマラソン隊になりそうですが…。。
一番深い付き合いができる仲間なんで、
今後も彼らとの時間は大切にしていきたいです!!
しんどさと引き換えに得たものも大きくて、登ってよかったと思ってますよ!
きゅう * URL [編集]2006/09/02 15:19
アロマテラピー検定とは、アロマテラピーを自分自身で楽しんだり、あるいは家族、周囲の人に楽しんでもらったり、健康維持のために用いる知識を測る検定 http://daemon2.ellingtonrecords.com/
* URL [編集]2008/10/29 19:20
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hoso131315.blog14.fc2.com/tb.php/217-f202704d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。